私のプロポーズしたときのことを思い出してみました。

婚約指輪というものを渡して、プロポーズするというのが一般的な手順のようです。

でもそんなこと当時は全然知りませんでした。

その為、何を渡すでもなく口頭で結婚を申し込みました。

私の場合はこれでも成功し無事に結婚することが出来たのですが、相手によっては失敗していたかもしれません。

婚約指輪を買わなくても良かったということについては妻に感謝しなくてはいけないです。

しかし、婚約指輪を準備してチャレンジしたのに失敗してしまった人は、指輪の代金も大きな損害になってしまいます。

精神的にも大きなダメージでは無いかと思います。

私の場合、結婚指輪は買いました。

婚約指輪お客様の声で事前に調べ、2人で選びに行き一緒にじっくり選んで買ったのです。

やっぱり結婚指輪は自分で選びたいもののようです。

私はそれほどこだわりはありませんでしたが常に付けているものですから良いものを選ぶことにしました。

このことを考えると、婚約指輪というのも男性が勝手に選んで女性に渡すと、気に入られなかったりする事もあるのではないかと考えてしまいます。

後からいろいろ考えてしまいましたが、私の場合は無知であったにもかかわらず無事に結婚することが出来たので良かったと思う次第です。
【参考サイト:http://www.crescentmooneatery.com/